当社の目指す技術者像

~ITであっても、仕事は人間が行うもの~

「人間力+技術力を持ち合わせた心身ともにタフな技術者」を目指しますが、
「技術者である前に一人前の社会人」であることが大切です。


伸びる技術者の条件

1.素直な心、謙虚な心 (教えを請う相手に敬意を持つ)
2.心身ともに常に健康に留意する
3.がむしゃらさ
4.自分自身で限界を設けないこと

◆日々の姿勢

当たり前のことを当たり前に行う。
物事は出来るだけシンプルに(本質は何かを心がける)。
心身ともに常に健康に留意した生活を送る。(健康でなければ何事にも集中できない)
「報告・連絡・相談(ホウ・レン・ソウ)」が出来なければ社会人とはいえない。
人に対する思いやりと、配慮を持って接する。
世の中が変わるのなら、自分自身も変わらなければならない。
常に「プラス思考」を意識し、自分のために勉強し、自分のために働く。
正確な自己分析が出来れば、自ずと行動は見えてくる。
「他人の評価」と「自分の評価」は違うということを認識する。
義務を果たさなければ、権利は主張できない。

◆学習・研修態度

技術をキャッチアップするための勉強は当然のこと。
自分の頭で考える(疑問を持つ、想像力を働かせる)。
当たり前のことを繰り返してやり続ける。
「日々1ミリ」の成長。
資格を取ったからといって、技術者になれるものではないが、技術者としてスタートを切るには必要。たかが資格、されど資格。

◆仕事に対する姿勢

仕事は「与えられるものではなく、奪い取るもの」。
雑事において一流の人間は、人間としても一流である。ゴミ出しや掃除など、他人がやりたがらないような雑事を積極的にやる。
「叱られる」のは、見込みがあるから、「叱られる」ことを恐れずに挑戦する。
仕事は一人でやるものではない、チームで行うもの。コミュニケーションを大切にする。
仕事は時間で行うものではなく、「付加価値を創造する」こと。毎日確実に付加価値を創造すること。付加価値を創造できなければ、仕事をしたとは言えない。

◆コミュニケーションとは

1.自分の意思を正確に伝える
2.相手の意思を正確に受け止める
3.相手の意思を正確に受け止めてドキュメント化する
ホーム