ようこそゲストさん

G&Fブログ

2009/05/29(金) 地すべり

山形県鶴岡市七五三掛地区で大規模な地すべりが断続的に続いています。一つの集落が一定の方向(川)に
向かって滑り落ちているかのようです。昨晩のニュースによると「1時間に最大5ミリ、1日あたりにすると
11~12センチほど地盤がずれている」とのことです。
従来からこのエリアは地下水が地盤を押し上げるために、地すべりが起こっていたそうですが
これほどひどい状況ははじめてです。今回ひどくなった理由は、昨年の暖冬で雨が多く、積雪が少なくなったため
早く地下に水がしみこみ地下水の量が増えて、地盤を押し上げる力が強くなったことです。現在ポンプで地下水を
抜く作業を断続的に行っていますが、梅雨の季節を前に事態は深刻化しています。

地球温暖化のため南の島のツバルは海に沈んでいるとは聞いていましたが、日本の集落が壊れているとは
思いませんでした。今後有効な手を打たないことには世界中で想像を超えた現象が起こるでしょう。
当社が従事するIT業界も開発センター、データセンターにおいて大量の電力を使用しています。心苦しい限りです。
*コメント、トラックバックは誰でも記入できますが、管理者の承認後に表示されます
株式会社ジーアンドエフ ネットワークエンジニア研修生募集

#  非公開コメント   
  • TB-URL(確認後に公開)  http://hiyoko.gandf.co.jp/blog/adiary.cgi/0467/tb/